トップ 矢印 アンケート検索 矢印 アンケート結果
携帯サイト
QRコード
下枠線

県民の食育に関する意識調査


アンケートの概要:  青森県では、県民が健康で活力に満ちた「くらし」を実現するため、平成28年3月に第3次青森県食育推進計画を策定し、食について考える習慣や食を正しく選ぶ力を身につけ、健全な食生活を実践することができるよう「食育」に取り組んでいます。
 このたび、県民への食育の浸透状況等を把握し、今後の施策に役立てるため、県民の食育に関する意識を調査することとしましたので、ご協力をお願いします。
実施所属名: 食の安全・安心推進課
問い合わせ先(メール): SANZEN@pref.aomori.lg.jp
問い合わせ先(電話): 017-734-9351
回答期間: 2017年01月20日 まで
結果公開: 公開
有効回答数: 281

Q1.あなたの性別を教えてください
回答数 割合(%)
男性 166 59.07% グラフグラフ
女性 115 40.93% グラフグラフ

Q2.あなたの年齢を教えてください。
回答数 割合(%)
10代 1 0.36% グラフグラフ
20代 26 9.25% グラフグラフ
30代 41 14.59% グラフグラフ
40代 85 30.25% グラフグラフ
50代 86 30.6% グラフグラフ
60代 42 14.95% グラフグラフ

Q3.あなたは、「食育」という言葉やその意味を知っていますか。(※「食育」については、添付ファイルをご覧ください)
回答数 割合(%)
言葉もその意味も知っている 206 73.31% グラフグラフ
言葉は知っているが、意味は知らない 68 24.2% グラフグラフ
言葉も意味も知らない 7 2.49% グラフグラフ

Q4.あなたは、「食育」に関心がありますか。
回答数 割合(%)
関心がある 68 24.2% グラフグラフ
どちらかといえば、関心がある 155 55.16% グラフグラフ
どちらかといえば、関心がない 32 11.39% グラフグラフ
関心がない 16 5.69% グラフグラフ
わからない 10 3.56% グラフグラフ

Q5.あなたは、日頃から「食育」を何らかの形で実践していますか。
回答数 割合(%)
積極的にしている 21 7.47% グラフグラフ
できるだけするようにしている 96 34.16% グラフグラフ
したいと思っているが、実際にはしていない 111 39.5% グラフグラフ
したいと思わないし、していない 22 7.83% グラフグラフ
わからない 31 11.03% グラフグラフ

Q6.問5で「したいと思っているが、実際にはしていない」、「したいと思わないし、していない」と答えた方にお聞きします。あなたが「食育」を実践していない理由は何ですか(複数回答可)。
回答数 割合(%)
食生活に関心がないから 7 2.95% グラフグラフ
食生活への関心はあるが、仕事等で忙しいから 65 27.43% グラフグラフ
食生活への関心はあるが、食費を安くすることが重要だから 64 27% グラフグラフ
現在の食生活に問題はないから 26 10.97% グラフグラフ
「食育」についてよく知らないから 20 8.44% グラフグラフ
活動や行動を起こしたくても、情報が入手できないから 20 8.44% グラフグラフ
面倒くさいから 25 10.55% グラフグラフ
その他 7 2.95% グラフグラフ
特にない 3 1.27% グラフグラフ

Q7.あなたは、「食育」を進める上でどのような取組が大切だと思いますか(複数回答可)。
回答数 割合(%)
栄養バランスの改善 190 15.19% グラフグラフ
食べ残しなど食品廃棄物の減少 145 11.59% グラフグラフ
食習慣の改善 182 14.55% グラフグラフ
食料自給率の向上に向けた取組 79 6.31% グラフグラフ
肥満・やせすぎの改善 116 9.27% グラフグラフ
農林漁業体験等を通じた農林水産業への理解 72 5.76% グラフグラフ
食文化・伝統の継承 134 10.71% グラフグラフ
食品の安全性に関する知識の普及 138 11.03% グラフグラフ
地産地消への理解 182 14.55% グラフグラフ
その他 3 0.24% グラフグラフ
わからない 10 0.8% グラフグラフ

Q8.国は、健全な食生活を送るための指針の一つとして「食事バランスガイド」を策定し、その普及を図っています。あなたは「食事バランスガイド」を知っていますか(※ 「食事バランスガイド」については、添付ファイルをご覧ください)。
回答数 割合(%)
内容を含め、知っている 70 24.91% グラフグラフ
見たり聞いたりしたことがある 109 38.79% グラフグラフ
知らなかった 102 36.3% グラフグラフ

Q9.あなたには食生活で参考にしているものはありますか(複数回答可)。
回答数 割合(%)
食事バランスガイド 44 11.37% グラフグラフ
食生活指針 18 4.65% グラフグラフ
日本人の食事摂取基準 28 7.24% グラフグラフ
6つの基礎食品 64 16.54% グラフグラフ
3色食品群分類表 61 15.76% グラフグラフ
その他 16 4.13% グラフグラフ
特に参考にしているものはない 156 40.31% グラフグラフ

Q10.あなたは、主食、主菜、副菜を基準に食事のバランスを考えた食事ができていますか(※ 主食、主菜、副菜の考え方については参考資料をご覧ください)。
回答数 割合(%)
ほとんどできている 12 4.27% グラフグラフ
おおむねできている 144 51.25% グラフグラフ
あまりできていない 100 35.59% グラフグラフ
ほとんどできていない 25 8.9% グラフグラフ

Q11.あなたは、普段の食生活の中で気をつけていることはありますか(複数回答可)。
回答数 割合(%)
食事を楽しむこと 126 9.25% グラフグラフ
朝食をとるなど規則正しい食生活 162 11.89% グラフグラフ
バランスのとれた食生活 142 10.43% グラフグラフ
地域の郷土料理を食べたり地場産物を活用すること 79 5.8% グラフグラフ
塩分の多い料理を控えること 143 10.5% グラフグラフ
お菓子や甘い飲み物をほどほどにすること 109 8% グラフグラフ
油の多い料理を控えること 119 8.74% グラフグラフ
体重コントロール等のために食事の量を調節すること 79 5.8% グラフグラフ
野菜を食べること 212 15.57% グラフグラフ
食べ残しやゴミを少なくすること 114 8.37% グラフグラフ
食事の時の挨拶や作法 68 4.99% グラフグラフ
その他 9 0.66% グラフグラフ

Q12.国は、健康維持のために、成人一人1日あたり350グラム以上野菜を摂取するよう指導しています。この目標量を知っていましたか。
回答数 割合(%)
知っていた 197 70.11% グラフグラフ
知らなかった 84 29.89% グラフグラフ

Q13.あなたは、野菜を十分食べていると思いますか。
回答数 割合(%)
十分食べていると思う 68 24.2% グラフグラフ
不足気味だと思う 144 51.25% グラフグラフ
かなり不足していると思う 65 23.13% グラフグラフ
わからない 4 1.42% グラフグラフ

Q14.あなたは、安全な食生活を送るために、「食の安全・安心に関する基礎的知識」をもとに、どの程度、判断していますか。(※「食の安全・安心に関する基礎的知識」については添付ファイルをご覧ください。)
回答数 割合(%)
いつも判断している 24 8.54% グラフグラフ
判断している 86 30.6% グラフグラフ
あまり判断していない 132 46.98% グラフグラフ
全く判断していない 39 13.88% グラフグラフ

Q15.あなたは、地域や家庭で受け継がれてきた伝統的な料理や作法等を受け継いだり、伝えたりしていますか。
回答数 割合(%)
ほとんどできている 5 1.78% グラフグラフ
おおむねできている 63 22.42% グラフグラフ
あまりできていない 162 57.65% グラフグラフ
受け継いでいない 51 18.15% グラフグラフ

Q16.あなたは、農林水産物や加工食品を購入する際、「国産品」にどの程度こだわっていますか。
回答数 割合(%)
とてもこだわる 81 28.83% グラフグラフ
まあこだわる 153 54.45% グラフグラフ
こだわらない 47 16.73% グラフグラフ

Q17.あなたは、農林水産物や加工食品を購入する際、「県産品」にどの程度こだわっていますか。
回答数 割合(%)
とてもこだわる 34 12.1% グラフグラフ
まあこだわる 165 58.72% グラフグラフ
こだわらない 82 29.18% グラフグラフ

青森県庁 〒030-8570 青森県青森市長島一丁目1-1 電話 017-722-1111(大代表)